www.copperdogcafe.com

白髪染めは、明るい色をチョイス

白髪染めは、明るい色をチョイス

30代半ばを過ぎる頃から、白髪が目立ってきました。サロンで白髪染めをしてもらいましたが、色の選択を間違えてしまいました。詳細は白髪染めランキングに載ってます。
黒を選ぶと、炭をのせたような黒さで艶が無くなって、髪が傷んで見えます。実際、髪も痛みますが、これでは、却って老けて見えてしまいます。そこで、自分で白髪染めの明るい色を選んで染め直ししました。市販の白髪染めは黒っぽい服を着て、手袋とケープを忘れずに用意いておかないと、うっかりすると手が染まって、簡単には落ちません。参考にしたのはこのサイト白髪染め口コミ←ここを見て!
白髪染は付属のプラスチックのトレーに1材を出してから、2材を出して混ぜるという手順が必要です。この時、手早くしないと髪に染める時間がかかって染め上がりが悪くなります。櫛の柄で髪を分けて根元から、白髪染めを塗っていきます。臭いがキツく鼻につんときますので、狭い部屋でなく広い場所で染める方がいいです。調べて見たい人はここ⇒白髪染め体験に載ってます。
何回か髪を分けて、白髪染めを塗り終わったら、ラップかシャワーキャップで頭を覆っておくと液剤がこぼれなく、染み込んでいきます。30分位経過したあと、手袋をしてシャンプーします。髪のダメージが強いので、トリートメントをしないと、髪がバリバリになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ